サフィニア邸で休日を

さふぃと中の人の支援とこれから

あまこあ
某所にある、「部隊編成」の私なりの見解(イメージ)。


正直村アーマードコア機甲兵団(チーム・オネスト)

本隊(ヒュージキャニオン方面軍)
 作戦司令部
  参謀室:基幹中隊 00番中隊、31番中隊
   戦術指揮などを担当するオペレーター室。敵の情報や作戦記録も
   集められており、作戦時には各機と直接接続するネットワークにより
   集中的に情報処理を行う「作戦事務室」を併設する。
   制圧部隊などと同じく一個の部隊とみなされており、その任務は
   戦術に関する情報収集とその有効な運用。
   緊急時にのみ出撃する00番中隊はここの常駐メンバーである
   「ナンバー00」に所属するアーマードコア部隊である。
 ※ナンバー00
  各ナンバーズがエースパイロットである中、
  稀少なオペレーター専門スタッフとして所属する。
  パイロット資格もあり、敵の戦力分析のために
  アセンブリだけは多種多様のものを開発しているので、
  パイロットでない割には有用な整備班を抱えている。
  階級は准尉。オペレートでで他の隊長格に指示が出せる以外には
  作戦の決定権など中隊長としての権限がない。
  作戦ファイルを整理統合して戦術指揮のために役立てようとする。
  主な仕事場は作戦事務室で、オペレーションブースを戦場と呼ぶ。
  座右の銘は「私のふんどしは他人のものです」。

  侵攻戦略室
   領土拡大とその維持に関する作戦会議の場。以下に示す各部隊の
   隊長格が話し合いをもち、特に誰が主宰するという形には
   なっていない。
  防衛設備室
   ヒュージキャニオンを中心に、アーマードコアを除く戦力で
   敵を抑えこむ作戦を考察、設備として実現する事務室。
   その中心はナンバー41。
 ※ナンバー41
  メンバーの中でも一番古参のパイロット。老獪な戦い方をそのまま
  反映したような防衛設備はこれも軍のスタンダードとして信頼が厚い。
  階級は中佐。機甲兵団の総司令官も兼ねる。
  装飾性を重視したアセンブルで派手なデカール、鮮やかな赤は
  戦果を上げれば大きいが、一番に狙われることも多い。
  狙撃機などが多く所属する41番中隊は、20番台の中隊よりは
  出撃機会に乏しいものの、侵攻でも防衛でも幅広く活躍する。
   
   
 本隊実働部隊   
  制圧部隊(侵攻担当):基幹中隊 25番中隊
   ヒュージキャニオンの領土拡大と同エリアに対する影響力の
   強化を目的に敵制圧下にある地域を制圧する部隊。
   全軍の所属中隊を臨時に組み合わせて編成する連隊。
   ヒュージキャニオンの重要拠点に対する執念と、
   侵攻における活躍により、25番中隊がその中心と見られている。
 ※ナンバー25
  25番中隊をまとめるエースパイロット。アーマードコアの特性を
  慎重に検討し、そこから生まれる緻密な動きは堅実に戦果を挙げることで
  全軍における主戦力としても信頼が厚く、
  作戦会議においては深い考察によって強い発言力を保っている。
  中隊に所属するスタッフが芸術的に高い能力を持っていることから
  デカールに関する貢献も注目されるなど、中隊スタッフを含め
  機甲兵団全体に対する貢献は幅広くも深い。
  階級は大尉。戦いにおいては誇り高く、
  民間人を巻き込む非道な作戦をひどく嫌悪する。

  治安部隊(防衛担当):基幹中隊 23番中隊
   制圧部隊により確保された地域の維持、治安を目的とする部隊。
   また外敵に対する実働部隊。
   制圧部隊と同じく駐留する各中隊を編成する連隊。
   作戦への意欲や実績を買われ、23番中隊がその中心的役割を担う。
 ※ナンバー23
  23番中隊のエースパイロット。楽しそうに戦う姿は
  肩を並べる味方を自然に鼓舞していく、戦場における
  ムードメーカーであり戦果に関しても誰も文句をつけないほどである。
  峡谷での高速戦などを得意とし、傭兵を率いて連携の取りづらいなか
  敵を各個撃破する様は正直村兵員の信頼をさらに厚くした。
  階級は中尉。

支隊
 領土開拓部隊
  特殊着火部隊:基幹中隊 27番中隊
   敵の設備を目標に侵攻を重ね、敵の防衛力を弱めると共に
   主戦力であるアーマードコアを引き出す、あるいは領土の無人化を図り
   侵攻を容易にするのが目的の部隊。「特火隊」とも呼ばれる。
   侵攻部隊における基幹中隊のうち、27番中隊が辺境に対する
   攻撃部隊の中心とみなされる。
 ※ナンバー27
  敵や味方のエンブレムを掠め取る、「強欲魔人」の異名をとる将校。
  イメージカラーは銀色であり、シンプルでシックな色合いの機体は
  戦場に輝いて人目を引く。
  階級は大尉。機甲兵団の戦略についてかかわりが深く
  多数の作戦に参加して安定した戦果を挙げている。
  分析的な思考がいかにも理知的と思われがちだが
  戦場では突出してからの被弾が多く見受けられる、
  細心ながら同時に大胆な性格が窺える。
| comments(0) | - | コア | TOP↑ |
あまこあ2
続き。


支隊
 辺境警備部隊

  敵の侵攻にさらされる辺境の領地に出向し、防衛態勢の保全を
  行うとともに、周辺を哨戒してアーマードコア部隊を
  発見次第駆逐する部隊。臨時編成部隊であり、
  防衛を得意とする第23中隊はもちろん、
  第25中隊をはじめとする主力部隊が出撃することもある。

 特殊遊撃隊
  辺境警備部隊の一部をもって編成する、特殊任務に従事する部隊。
  領土の一部警備態勢を解除、敵勢力を誘導して殲滅するのが
  「特殊任務」で高い確率で敵の戦力(しばしば主力級の部隊)と
  交戦状態になり、警備態勢を解除した上での撤退は
  すなわち領土の喪失を意味する。
  それゆえに特殊任務の設定と遂行には相応の慎重さが伴うが、
  構成隊員の迸(ほとばし)る士気により、
  むしろ積極的に敵を誘導することもある。

各隊を構成する中隊
 第26中隊
  主に中距離戦闘を得意とするアーマードコア部隊で、
  機甲兵団の中核戦力をなし、幅広く攻撃にも防衛にも活躍する。
  参加作戦の数は各隊でもトップクラス。
  また中隊所属の整備工場を牛耳る工場長は軍内でも有名。
 ※ナンバー26
  堅実な作戦遂行能力、機甲兵団の中でも高い水準にある
  操縦技術により、26番中隊を束ねるエースパイロット。階級は中尉。
  休暇には最もシビアであり、寝る時間になるといなくなることで有名。
  「安定の寝落ち率」で、眠りの国があったら
  彼こそ中尉や元帥どころか皇帝陛下に違いない、と言われている。

 第30中隊
  チーム内での位置づけは「隠密機動隊」。
  所属するアーマードコアに防御性がなく、軽快な機動で接近しては
  一気呵成に撃破するという戦法を得意とするため、
  隊員のスキルとしても諜報や索敵といったものが磨かれている。
  別の関係団体からの出向部隊であり、本隊に合流するため
  しばしば正直村の機甲兵団から離脱する。
 ※ナンバー30
  30番中隊を束ねるエースパイロット。機甲兵団における階級は
  設定されていないが、権限は少尉相当。中隊の特色に誇りを持ち、
  その任務のための機体作りに余念がないが、
  それゆえに戦果に対する悩みも深いようである。





―――――

階級をつけるというデンジャラスな領域に踏み込んでしまった(汗)

あくまでイメージであるということと、
下の役割の方が重要だったりすることと、
階級で上下関係をイメージしないでもらえたら……ということで

ひとつお願いします。
問題あったら消しますので(汗)
| comments(0) | - | コア | TOP↑ |
あまこあ3
改行は後でやります。



中隊編成
アーマードコア一機及びその整備班を一個小隊として、
アーマードコア数個小隊と中隊所属のパイロット(試験操縦士含む)、
整備士官、参謀士官、諜報部などで編成する。
中隊所属の小隊(所属機体)構成は、中隊長の責任において
随時更新される。中隊は、所属するパイロットのうち、
主要な作戦で戦闘に従事する操縦士(エースパイロット)が
主にこれを統率する。エースパイロットを有しない部隊(番外中隊)は
個別に中隊長を選定する。中隊の番号は編成時、
個別に割り振られ、一年ごとに更新する。



大隊の編成
(ゲーム中はコレに触れることはない)
戦略単位。各中隊の全部または一部をもって編成する。
数個中隊が参加し、一定期間連続して作戦にあたる。
たとえば、第三次領域本拠確保作戦、第23大隊は本隊、
本拠制圧部隊として編成、参加中隊は25、26、36、38、00中隊、
第24大隊は同治安部隊として、参加中隊は27、29、41、01中隊
といった具合である。なお、大隊の番号は編成順に付与する通し番号。




第38中隊
アーマードコアの配色をはじめ、整備員の服装や工具にいたるまで、
青で統一されているのが特徴のアーマードコア中隊。
所属する機体はほぼすべてが遠距離戦闘機である。
一方、整備班は軍内でも腕利きで有名であり、
その塗装技術は折り紙付きで、機甲兵団では
美術担当といっても過言ではない。

ナンバー38
通称「村長」。正直村(機甲兵団)代表。階級は大尉。
事務方の責任者であることもあり、もっぱら塗装業務に注力していたが、
狙撃手として数々の作戦に参加、一戦で三機を撃破する活躍を見せ
(発足以来全中隊を見ても滅多に見ない快挙である)、
存命中の二階級特進という偉業をなした。
隊務よりそれ以外の部分での活躍が大きいとされていたが、
最近では前線での戦力としても成長著しい。
副官として非常に有能な女性がいて、三機撃破などのときは
特に本人かどうか疑われるが、大丈夫。残念です。
| comments(0) | - | コア | TOP↑ |
あまこあ4
久しぶりにやってみる。



続きを読む >>
| comments(0) | - | コア | TOP↑ |
あまこあ5
続き。



続きを読む >>
| comments(0) | - | コア | TOP↑ |