サフィニア邸で休日を

さふぃと中の人の支援とこれから

<< 予習 | main | パッキング2 >>
かるて

以前(まえ)もやったよね?これ……

というわけで、ロックラックでもやってみた版の基準でございます。

武器熟練度(大剣/太刀/ハンマー/剣斧/槍/片手剣/ストレート/セパレート)
 A・全ての敵に対して安定した攻撃率を期待できる
 B・好き嫌いはあるものの戦いぶりは安定している
 C・調子の波が現れることがあるが高い攻撃率を残しうる
 D・調子や敵によって苦戦することがある
 E・不慣れなまま武器を使用し、戦果は今後に期待される

回避率……戦闘中に体力を減らされる頻度について
 A・被弾によってピンチに陥ることはまれ
 B・戦いは安定しているがたまに大きく押し込まれる
 C・戦況によってはピンチに陥ることがある
 D・しばしば被弾する
 E・立ち回りが安定せずしばしばピンチに陥る

位置取り……基本的に安全確保のために落ち着く位置について
 内・常に敵の射程範囲内を立ちまわる
 出入・敵の射程範囲を出たり入ったりする
 近・敵の射程範囲外ギリギリをついてまわる
 遠・敵の射程範囲から離れてチャンスを窺う
 支援歩法・敵の射程外で全体を見渡せる位置を移動する

体力ライン……自己回復を開始する体力の水準について
 80・高い。回復薬1回で全快する体力になったら直ちに回復する
 60・普通。敵の攻撃で即死する体力になったら回復を開始する
 40・低い。敵の弱い攻撃でも即死する体力になったら回復する

弱点傾向……攻撃の時に狙う部位などについて
 積極的・部位破壊などにこだわらずダメージを主に狙いに行く傾向
 狙い様々・パーティの目的にそって色々なところを狙いに行く傾向
 手数重視・一番近い部位に向かってまっすぐ攻撃に行く傾向

攻撃頻度……攻撃の積極性について
 H・過剰。被弾リスクをあまり顧みない攻撃で怯みなどによる安全確保を狙う
 A+・高い/やや過剰。積極的な攻撃。回避率に波を作ることがある
 A・適正/普通。回避率・攻撃率ともに安定。
 B・慎重/やや低い。回避率を安定させるものの攻撃率が下がることがある
 Sup・支援。戦況によっては全く攻撃しない。

迂回……攻撃に向かうまでの移動経路について、あるいはガンナーの移動経路
 直・敵へ直線的に向かう傾向あり。
 曲・味方を迂回し、あるいは弱点など狙い目をとらえてから直進する傾向。
 近曲・敵の射程範囲内まで直線的に接近してから回る傾向。
 円弧・定位置で円を描く用に移動する傾向。
 遠巻き・敵の射程外を動きまわる傾向。

配視……味方の戦況変化に対する反応について
 ◎/◯/△/×

支援術……味方の戦況への干渉について
 回復/回復弾による回復
  A・体力減少について必ず反応して9割以上成功する
  B・体力減少について必ず反応して成功率はAに届かない
  C・体力減少について必ず反応するわけではないが成功率は高い
  D・体力減少についてそれなりに反応して味方を支援する
  E・たまに反応して味方を支援するものの期待できるものは少ない
 拘束/敵を武器によって拘束する頻度
  A・戦況によって的確な拘束で味方の攻撃を補助する
  B・戦況によるかはともかく拘束の頻度が相当に高い
  C・積極的に拘束を試み、十分な戦果につながる
  D・狩り全体の十分な支援とは言いがたいが効果的な拘束をする
  E・攻撃に高速効果が含まれることがあり味方の助けになる
特記事項=拘束種別・主従(他人の拘束術に追随するだけの場合「補助」と付記)
 誘導/敵の位置や攻撃ターゲットなどを管理する能力
  ―トライでは判定なし
 解除/味方の拘束を攻撃などで解除する
  A・的確な方法により味方の拘束を直ちに解除する
  B・味方の拘束を解除する方法は妥当であり頻度も期待できる
  C・場合により味方の拘束を解除することがある
  D・味方の拘束を解除することがあるが頻度は期待できない
 広域回復/回復弾によらない回復
  A・広域回復が必要な状況の判断は的確であり頻度も相当に高い
  B・積極的に広域回復を行ない回復の効果も期待できる程度
  C・確実性にやや欠けるものの広域回復によって味方を支援する
  D・広域回復で味方を支援することがあるが頻度は期待できない
 広域補強/鬼人笛や広域化種などのステータス強化
  …判定基準は広域回復に準ずる
 補助アイテム/閃光玉や音爆弾などの補助アイテムによる攻撃補助
  …判定基準は拘束に準ずる
 罠拘束/落とし穴・シビレ罠による攻撃補助
  A・使いどころは的確で、罠による拘束効果を十分に発揮できる
  B・積極的に罠による拘束を行うことで攻撃率によく寄与している
  C・持ち込みなど考えられる限り十分な罠の使用で味方を支援する
  D・戦況によって、罠による拘束で味方を支援することがある
  E・罠を使うことがあるがその効果が発揮できないこともよくある
 爆弾設置/主に大タル爆弾(設置型爆弾アイテム)による攻撃
  A・味方を爆発に巻き込むことなく積極的に設置して高い効果を挙げる
  B・積極的に設置することで爆弾のダメージを効果的に利用する
  C・回数は多くないもののその爆弾の効果は高い
  D・爆弾を設置することがあるがその全てが効果的とも言えない
 角笛/特記項目。角笛を使う場合に「角笛」と書く。
 こやし/特記項目。こやし玉を使う場合に「こやし」と書く。

| comments(0) | - | 日常と雑記 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |