サフィニア邸で休日を

さふぃと中の人の支援とこれから

<< 再開です。 | main | つれづれ >>
再開二号!

では今日もがんばってやっていきましょ。

 

 

身内の方には九州出身であることは公言していたのですが

現在何やかんやありまして都民です。関東ですよ、関東!

でも逆に村の人って都民がいなかったような・・・。

 

「プロの講師」になりまして。バイトでずっとやっていたことを

ここで生業にしていこうか、と思った次第でございます。

そういうわけで、以前のように勤務時間で地獄を見るようなこともなく。

ただちょっとお金に余裕はなくなったのでゲームとテレビには

二の足を踏んでいるのです。

 

 

さておき、晴れて私の業界は「学習支援業」となったわけです。

これ以上ない天職じゃないですかね、ええ!

おかげで夜型です。

 

そうしてみると、改めて今までモンスターハンターと接して

「回復弾を撃って味方を援護!」してたことが

けっこうな意味を持つことだったんだなあと思うわけですね。

支援総論ということで述べてきたことが大きく当てはまります。

 

で、このほどHUNTER's LOGさんのサイトにふらっとお邪魔して

モンスターハンター論を読んでみる、と私のスタイル

(⇒攻撃、支援を味方にあわせて使い分けよう)を

「モンスターハンターのそこを抜いてしまうもの」と評してありました。

 

いや、これはもう過分な評価であると思います。

でも当時の私にはそれを可能にしてしまうほどの情熱があったかもしれない。

それはさておき、今私が同じ視点で、同じ姿勢で

「学習支援」を志すとすればどうなるだろう。

 

それは「教育の底を抜く」支援者になることです。

恐ろしい。恐ろしすぎるよ。

 

一人ひとりがリアルタイムに生み出し続ける「学習」、いや、

「勉強」という活動を微分し、先を予測し、そこに作用していく。

モンスターを狩るのではない、狩らせるのでもない。

まさに支援する相手が狩るのを援け、支え、盛り上げ、眺めるような

そんな立ち方。解けたら楽しいんだよ、

どこで躓いた?躓いても大丈夫だよ、さあ解いてみよう、やった解けたと

そういう後押しが私の仕事になるのだと

 

今こうしてみると、なにかすごく前提が「出来ない子」に

向けられているような気がしてなりません。

うーむ、進学塾だとするともっと求人区的な

エッジの利いたやつも習得していかなくちゃなあ

 

リアルはそんな感じでした。

 

 

モンハンも例の双剣の人とMHXX(DS3)をプレイ中。

PS4は購入検討段階・・・

 

そう考えると盛り上がってくるかもしれない!

| comments(0) | - | 日常と雑記 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |