サフィニア邸で休日を

さふぃと中の人の支援とこれから

<< 重傷 | main | 惨敗 >>
隔絶

DSのオンライン・・・・・・しかも野良、ということになると

この一言に尽きるのではないかなあと思うです。

その点、スイッチだとどうなんだろう?

 

そもそもモニターはないのでスイッチといっても

PSVitaのような扱いにはなるだろぅと思うのですが

何かキーボードをつなぐとかで

入力が容易になるのであれば

それだけでも一考の余地はあるのではないかと思うほど、

それくらい3DSのチャットはちゃっちいです。

 

ま、仕方ないとは思うんですけどね。

DSなんてどう考えても対面が前提の作りで、

むしろチャットのような通信機能、意思疎通の補助が充実しているのは、

機能の中枢たるものが移動できないからだろうと思うのです。

そういう意味では、モンハンワールドのほうには

全力で期待しちゃいますよ。

村のメンバーとの対話ということになると、いまさらキーボードよりは、

とスカイプでつなぎながらという方法も考えられるかもしれませんが。

 

 

そんな与太話も、「支援にとっての環境」という意味では

結構重要なんですよー。

 

なぜかというと、常々このブログで発信してきたこだわりの一つとして、

「気持ちに沿わない支援は支援ではない」というのがありました。

どんなことであっても支援を名乗る限り、対象が支援だと思わなければ

支援ではないということなんです。

塾(学習支援)であれば、「塾に来たから成績(学力)が上がった」と

実感できるということですね。「そんなの(勉強に)関係ねえ」って

言われてしまった塾の活動は、本分から外れていることになります

(たとえ対象者が支援効果に気づいていないだけだとしても)。

回復撃ちであれば、回復弾を撃つことが「利敵行為」だと見なされやすいですが、

まさにそうして見られたときこそ支援としては失敗していることに

ほかなりません。打つべき手を間違えたわけです。

 

だとすると、どうやってそれを知るのか?

直接指摘してもらえればそれに越したことはありません。

しかし、「相手も楽しんでいるはずだ・・・」という

想像を前提にとれば、「そのスタイルってどうなの」とは

なかなか言いづらいものです。

このように直接「言う」ことにすらある程度ストレスがかかるのに、

入力そのものにストレスがかかる環境にあると、

相手に何か思うところがあっても我慢してしまう可能性が

少なくないのです。

 

直接でなくてもテンションの変化だとか、行動の変化とかで

ある程度読み取れるところは多いのですが、

それにしてもチャット(言葉)の持っている役割の大きさは

とてつもないものだと感じます。

そのいわば伝える手段となるものが非常に貧弱であるとき、

相手に対する反感のようなものを伝えるには、

そっとその場を離れるしかありません。

野良支援では、これ以上ない失敗です。

しかし、よくあります。

 

 

あの貧弱な機能を用いてがんばって話しかけるのも、

同じ不便を強要するような感じになってしまって、

それはそれで支援手の本分にもとる気がするんだよなあ・・・

 

そういうわけだから、その意味でも次回作に

素敵なフィールドがあるなら、また一つ乗っかっちゃおうかな、と

すごく期待しちゃうのです。

| comments(2) | - | 日常と雑記 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |
狩人復帰で何より、
新しい狩場での再開を楽しみに待っています。

なお、PS4ではVCが標準装備です。
| 緋色の喧嘩師 | 2017/08/06 7:30 PM |

こんな過疎地に足跡が!
ご来訪ありがとうございます〜。
私も新天地での再会は楽しみですが
それ以上に新しい狩場に
「正直村の」皆が三々五々集まってくるのかと
思ったらそっちのほうが楽しみで仕方ないです!

VC標準ということは(そういえばヘッドセット付属してたな)、
逆にテキストチャットはないのだろうか・・・
それもそれでさびしい気がするなあ。

てゆーか回復弾で舌打ち聞こえてきたらどうしよう^^;
| さふぃ | 2017/08/08 5:05 PM |