サフィニア邸で休日を

さふぃと中の人の支援とこれから

<< 隔絶 | main | 教師 >>
惨敗

ベリオロスはダメだ・・・・・・ガムートの攻撃も大概適当だったなと思うけど

やつはどうやれば隙が出来るんだろう?

また威力頼みのヒット&アウェイが基本になるんだろうか。

 

 

こういう、どうにもならなそうなヤツに挑むときの

不安とかってやっぱたまんないですよね。

本当に隣に誰かいるってだけでも

かなり気が楽になるってものです。

 

とはいえ、自分も自信がないって時に

支援を受けたところで勇気を持って攻撃しようという気に

なるものであろうか。私はそれでもガムート戦の主役に

祭り上げられたらぞっとしないなあ(苦笑

 

取り越し苦労といえば取り越し苦労ですけどね、

毎日変わり続ける曲線に、その日その日の接線を引き続ける

立場としては、そういうこともいつも考えていなくてはいけない、

じゃなければ回復撃ちがそのスコープの向こうに

のぞいているのは味方ではなくて、「ただの的」になってしまう。

そのときその人が銃口から放つのは癒しの弾ではありえないんですね。

 

 

そんなことを野良の人に心配するなら仲間内だけでやれというのは

道理なんですけども、私は今までこれと信じてやってきたから

フィールドが多少変わったからってその有効性とか、意味とか、

何もかも否定されるような軽いもんじゃないんだって

今からも信じていきたいですね。

 

 

そういうわけです。死んでない、まだ生きてるぞっ!

| comments(2) | - | 日常と雑記 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |
強敵だからこそ「ああこのタイミングで怯ませたいな」って時があって、でも成功の保証もない。こういった時に臆さず前に出られるのは、後ろで銃口をこちらに向ける仲間がいるからなのです。気を楽にさせてもらっていたのは、こちらなのです。
| シュガー | 2017/08/09 1:34 AM |

わー来てくれたんだっ
ありがとう・ようこそサフィ邸へ!


思えばドスに移行して、サフィニアが本格的に支援手として
歩みだしたときはまだ、ひとりぼっちでした。
そのとき最初にパーティを組んだ元気なやつが言うことには、
「サフィはこっちが攻撃しなきゃ始まらないからなw」
ということだったのですが

昔から技量に可能性を見出し、役割を与えられて初めて
支援手は支援手になる、ということなんだと常々思っています。

みんなの信頼に心からの感謝!
| さふぃ | 2017/08/10 11:24 AM |